食生活を改善して乳酸菌を摂り、善玉菌を増やそう

食生活を改善して乳酸菌を摂り、善玉菌を増やそう

 

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には、悪玉菌はほとんどおらず、たくさんの善玉菌が存在しています。ですが、齢を摂ったりストレスを感じることで、その善玉菌の量はだんだんと減っていってしまいます。

 

善玉菌と言えば、腸内乳酸菌の1種であるビフィズス菌を思い浮かべる人も多いのではないかと思います。これらの乳酸菌を腸内に定着させ、さらに増殖させていくには、質の良い睡眠をとるなど生活のバランスを整えることが何より大切です。ですが、忙しく働く現代人にとって、その実現は簡単なものではありません。ですから、まず最初は食生活を改善することから始めてください。

 

まずは発酵食品を積極的に食べるようにしましょう。そして、植物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれる食品を取り入れることも大切です。

 

発酵食品と言えば、ヨーグルトや漬物、味噌や醤油が挙げられますが、これらは普通の食生活で手軽に摂取することができます。食物繊維は野菜や穀物の他、きのこ類やこんにゃくにも多く含まれています。また、植物繊維の中でも水溶性のものは、善玉菌の栄養となるので特に摂取するよう心掛けると良いでしょう。オリゴ糖は、悪玉菌の餌にはならず、善玉菌の栄養となる素晴らしい成分です。

 

これら食物繊維やオリゴ糖、さらに死滅した乳酸菌は、生きて活動することはありませんが、善玉菌の養分になるプレバイオティクスと呼ばれる素晴らしい成分です。