日和見菌と乳酸菌の働き

日和見菌と乳酸菌の働き

 

乳酸菌のもつ働きとしてどんなものが思い浮かびますか?おそらく、最も知られているのは、善玉菌の養分となってその増殖を促すという働きではないかと思います。この働きは、プロバイオティクス乳酸菌だけでなく、腸に届く前に死滅してしまう乳酸菌も持っています。

 

腸内にいる菌として、ビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌などの悪玉菌が広く知られていますが、実は「日和見菌」と呼ばれるものが一番多いことはあまり知られていません。日和見菌は、腸内に善玉菌と悪玉菌のどちらが多いかによってその働きを変える菌で、健康な人にとっては何の害もありません。健康な人は善玉菌が優勢なので、その時には免疫を強化したり、ビタミンを生成したりするなど、人体にとって良い働きをしてくれています。

 

ですが、もし悪玉菌の量が増えるような状況になってしまったら、日和見菌は一気に悪玉菌の手助けをし始めます。腸内で腐敗し始め、有毒ガスを発生させるのですが、日和見菌はとても数が多いため、そうなると人体に悪影響を及ぼしかねません。

 

ですから、そうならないためには、普段から善玉菌が生息しやすい腸内環境を整えることが大切なのです。善玉菌の手助けをしてくれる乳酸菌をきちんと摂取して、常に腸内を良好な環境に整えるよう努力しましょう。