乳酸菌の知られざる素晴らしい働き

乳酸菌の知られざる素晴らしい働き

 

乳酸菌が体に良いことは良く知られていますが、実はとてもすごい働きをすることは知らない人も多いようです。そのすごい働きとは、がんを予防する働きです。腸内の悪玉菌は、発がん性物質であるニトロソアミンなどを生成します。一方の善玉菌は、これらの発がん性物質を無効化する働きを持っているのです。ですから、がんを予防する効果があると言えるのです。

 

さらに、ラブレ菌やL.カゼイ シロタ株を代表とするプロバイオティクスは、がんの原因物質を撃退する働きをするNK細胞を活性化させる働きがあることも分かっています。普通の乳酸菌は、善玉菌の栄養になるという形でがんを予防の働きをしますが、プロバイオティクスはNK細胞に独自に働きかけるという点で少し異なります。

 

そして、もう1つの働きがビタミンB群、ビタミンKなどのビタミンを生成するというものです。ビタミンは、代謝を促進したり、治癒能力を高めたりする働きがあります。そしてその働きは、乳酸菌の働きをサポートするのにとても大切なものなのです。

 

さらに、近年増加の傾向にあるアレルギーの改善にも効果があると期待されています。善玉菌は、腸の損傷を修復したりバリア機能を高めたりする働きがあります。アレルギーは、腸の壁が荒れることも関係していると言われていますから、腸や腸壁を健康な状態に保つことが、アレルギー改善につながるのです。